Tag Archives: infrastructure development

新規PPP関連法が立てうる、ベトナムのインフラ開発への道筋

著者:Giles T. Cooper

翻訳:志澤政彦(Masahiko Shizawa)

原文:https://blogs.duanemorris.com/vietnam/2018/06/19/will-a-new-ppp-law-pave-the-way-for-vietnams-infrastructure/

インフラというボトルネックに、ベトナムの急成長が直面している。政府には、今まさに必要な道路、鉄道、トンネルに資金を投下できるほどの予算がない。そこで専門家が目を向け始めているのは、民間セクターである。

この制約がある以上、非国家セクターの資金を輸送インフラ開発のため継続的に活用することが今すぐ必要となる。アジア開発銀行(ADB)によれば、2015年から2020年までの間のインフラへの投資のため、ベトナムは最大170億米ドルを必要とするだろうとのことである。

近年、ベトナム政府は官民連携(PPP)プログラムの下で投資プロジェクトに透明性を与えるよう進めてきた。PPPは、政府機関と民間投資家が協同してなす投資の一形態であり、インフラの建設、修復、運営、並びに管理、及び公共サービスの提供のために行われる。政府はPPPにより、開発目標達成のため民間セクターの効率性と専門性を活用することができる。

そうはいっても、そうしたプロジェクトの持続的な実施を阻む欠点や限界があり、現状で名乗りを上げるのに投資家は慎重を期している。

投資を勧奨する政令が提出されてきてはいる。しかし、その条件は魅力的とはいえず、そのようなプロジェクトに必要な柔軟性がないとの批判もある。PPP投資活動の主な規制は以前、PPP投資に関する政令15/2015/ND-CP号及び入札法の実施指針である政令30/2015/ND-CP号であった。

この国は、1990年から2016年までに総額162憶米ドルにも及ぶ84件のPPPプロジェクトを実施してきている。うち79%はエネルギー関連のものであった。 一方、2011年のPPPパイロットプログラムが制定されて以来、この法的枠組みを利用した新規PPPプロジェクトは一切登録されていない。

政府は最近、政令15/2015を改正し、ベトナムにおけるPPPプロジェクトの分野、投資条件、手続を特定した政令63/2018(政令63)を発行した。この新たな政令により、PPPプロジェクトにおける投資家の資本比率が20%にまで引き上げられる。政令63は2018年の6月に施行された。

これで十分といえるか

BOT(Build-Operate-Transfer)方式とBT(Build-Transfer)方式のプロジェクトに対する調査・監査結果によれば、そのほとんどにおいて、投資家選定の際の入札が限定され、低い競争性と透明性の欠如を招いたとのことである。また、プロジェクトの通知は未だにオープンな方法で実施されていない。

同時に、プロジェクト実施の管理は非効率的であり、建設作業の低質化等の様々な問題を引き起こしている。

これらの問題に対応して投資を促進するため、ベトナム国会は政府に、上記のような難点や法的制限を取り払うようなPPP関連法を作るよう求めた。

PPP関連法の成功に必要な3要素

  • 明確なリスク共有メカニズム

当局は未だ、政府がデベロッパーのため一定の最低収益を保証し、それに至らない場合に補填するようなリスク共有メカニズムを、明確に打ち出してきてはいない。この点は、プロジェクトがしばしば重大なリスクを伴うインフラの場合には特に重要である。規制の明確さにより投資家の信頼を得られるのではないだろうか。

現状のモデルでは、ほとんどのリスクを民間セクターに転嫁してしまっている。民間の投資家や事業者の誘致には、透明性のある政策枠組みと公平なリスク分配が鍵である。同様に、明確に定義されたプロジェクトの射程と期待できる金銭的な利益の適切な保証を伴った魅力的な取引のストラクチャーによって、PPPへの参加が奨励されるものと思われる。

  • 為替レート保証

長期的な融資は外貨によってなされるものの、ベトナムのインフラプロジェクトの収益は現地通貨ベトナムドンによる。これだと、プロジェクトの収益性に負の影響をもたらす。新たなPPP関連法を成功に導くには、長期的な建設プロジェクトの中で投資家が同等の交換レートを確保できるよう、政府による兌換保証メカニズムを盛り込む改善が必要となろう。

海外への外貨送金の制限も縮小される必要があろう。

こうした障害や通貨変動のリスクは、投資家の信頼に大きな影響を与える。これらを取り除くことが、この国の継続的前進に必要な種類のプロジェクト誘致に重要であろう。

  • 金銭的インセンティブ

典型的な長期投資であるインフラプロジェクトには、投資家に巨大な建築に必要な20年から30年もの間の関与をさせるため、対価としての追加のインセンティブや収益の保証が必要となろう。

このリスクを相殺するために、政府は開発の波及的効果の一部を投資家に報いることを考えてもよいだろう。インセンティブがあれば、収益が交通の流れや将来の予測不可能な状況に依存するといった、インフラ開発に内在的な不確実性を減らすことができるだろう。

要するに、やる気のある投資家の誘致にベトナムが必要なのは、信頼できる政策及び規制、加えて投資家の信頼を得られるようなPPPに特化した政府部門といった、透明性、公平性、予測可能性を確保できる枠組みである。

ライフサイクルコスト、安全性、レジリエンス(強靭性)、そして環境への影響といったその他の要素も、考慮される必要がある。

ベトナムのインフラ開発への需要は揺るぐまい。しかし、現状の立法状況が実現可能または収益性のあるPPPプロジェクトに繋がるとはいえない。PPP関連法の上述のような点をクリアにすれば、透明性を向上し、この国に目を向けている事業体のリスクを減らし、もって状況の改善が見込めるだろう。

ベトナム投資に関する情報については、GTCooper@duanemorris.comよりGiles弁護士または当事務所の弁護士一覧の弁護士にお問い合わせください。Giles はドウェイン・モリス・ベトナム法律事務所の共同代表であり、ドウェイン・モリス・ホーチミン支所の支所代表です。

Public debt puts the squeeze on government guarantees, stifling project finance projects in Vietnam

Vietnam’s economic success story is evident in the rapid development of its big cities. However, while the country’s growth has outpaced its neighbours, so has its debt; a factor that threatens to de-rail growth.  Not least of all because of the impact on the government’s ability to give guarantees to underpin privately-financed infrastructure.

 

Over recent decades, the government has spent significantly. Priority has been given to roads, export zones and other critical infrastructure. This is evident across the country, where highways, tunnels, factories, airports and metro systems are being expanded, or built from scratch, at an incredible pace.

 

The biggest macroeconomic challenge facing Vietnam today is sustaining that growth. The government needs to be more rigorous about how it spends money, leveraging it better to attract and benefit from private funds rather than prop up State-owned entities.  The looming spectre of public debt will need to be tackled before the country finds itself in a precarious position.

 

Vietnam’s total public debt as of mid-July 2017 reportedly stood at US$94.6 billion, or about US$1,038 per capita. In fuelling the country’s celebrated growth, public debt has increased consistently, from 36% of GDP in 2001 to about 62.4% in 2016. According to an IMF forecast, it will hit 63.3% and 64.3% in 2017 and 2018, respectively, while the self-imposed public debt ceiling is set by the government at 65% of GDP for 2020.

 

Vietnam’s public debt compares unfavourably with the rest of the region, with Thailand coming in at 41 percent of GDP and Malaysia at 56 percent, according to the World Bank.

 

The annual growth of public debt during 2011-15 was 18.4 per cent, triple the annual GDP growth rate, which averaged about 5.9 per cent over the period.

 

A squeeze on guarantees

 

In an effort to tackle the ballooning public debt, the Ministry of Finance (MoF) announced changes to regulations on Government guarantees earlier this year. The adjustment is one of the regulations stated in the Government’s Decree 04/2017/ND-CP (Decree 04), superseding Decree 15/2011/ND-CP (Decree 15), issued on February 16, 2011.

 

Taking effect from March 1, the maximum level of Government guarantees for a programme or project was reduced from the previous level of 80 percent. Decree 04 replaces this with a three-tiered cap on the amount of guaranteed debt as a percentage of the investment capital depending on the size or importance of the project, each lower than the cap established in Decree 15.  In all cases this is far lower than the golden days of Vietnam’s early privately financed infrastructure projects like the Phu My 3 and Phu My 2.2 power projects which both enjoyed near total guarantees.

 

The current highest level of guarantee, set at 70 percent, applies to projects that must be implemented on an urgent basis, and have been approved by the National Assembly or the Prime Minister. Secondly, for projects whose total investment is at least VND2.3 trillion (US$102 million) and have been approved by the Prime Minister, the maximum proportion guaranteed by the Government is 60 percent. A cap of 50 percent will be applied to other projects.

 

In continuing to restructure of the country’s public debt with more stringent monitoring of projects, the decree aims at tightening the provision of Government guarantees and enhancing the management of public debt.

 

However, at a time when Vietnam needs to develop much infrastructure, notably in the energy sector, and requires substantial foreign investment to do so, Decree 04 makes it more difficult for private investors to obtain MoF Guarantees for projects.

 

Ticking debt time bomb

 

Taking the energy sector as an example, questions remain over EVN’s economic health. Tariffs on electricity have long been maintained at below cost levels. The policy of low subsidised tariffs to maintain the competitiveness of domestic industry and keep consumers happy is putting pressure on the government and EVN’s balance sheet.

 

The average retail electricity tariff stood at just above US$0.08/KWh as of 2016, the lowest in Southeast Asia, and only just above EVN’s average generation cost of US$0.075/KWh (excluding transmission and distribution costs). This has depressed sector cash flow and contributed to EVN’s rising debt.

 

This has raised concerns among private sector investors over EVN’s ability to pay for electricity generated as the single buyer, while the current low retail tariffs mean that investors are not confident of negotiating adequate prices for generation projects.

 

With the situation likely to continue, EVN’s financial position will surely deteriorate, leaving it with unsustainable debt and unable to finance capital expenditure. This would force private sector investors to seek increased government guarantees. Unfortunately, as mentioned above, the government is looking to rein in such largesse. As Vietnam’s economy grows, the previously abundant soft loans and ODA are beginning to dry up, meaning that the sources of support for private finance are becoming harder to find.

 

In order to reduce risk, the developers of major infrastructure projects may need to seek out private insurance groups or institutions like the World Bank’s Multilateral Investment Guarantee Agency (MIGA). However, these options obviously don’t come without their own costs. Investors, and ultimately end consumers, will have to take the hit.

 

Much of Vietnam’s current fiscal position can be blamed on poor management. The state-owned giants that have lost their repayment ability on Government-guaranteed loans are passing on the burden to the Government.

 

The sluggish privatisation of State-owned enterprises means that inefficiency will continue. The sooner this process is completed, the better for the economy as a whole. Measures like reducing government guarantees may be prudent, but if Vietnam wants to maintain its economic momentum serious action is needed to first untangle the mess of intra-State bad debt.

 

For more information about project finance matters please contact Giles at GTCooper@duanemorris.com or any of the lawyers in our office listing. Giles is co-General Director of Duane Morris Vietnam LLC and branch director of Duane Morris’ HCMC office.