ベトナムの世界銀行がドウェイン・モリス法律事務所に対し、ベンチマーキング・インフラ民間連携(PPP)について、知っておくべき以下の疑問を問う

ケーススタディの仮定
· プライベートパートナー(プロジェクト会社)は、ベトナムで運営されている民間企業のコンソーシアムによって設立された特別目的会社(SPV)です。
· 調達機関は、ベトナムの国家/連邦機関であり、輸送部門(国道)の国家/連邦インフラ・プロジェクトの設計、建設、資金調達(完全または部分的)、運用、および保守を計画しています。 1億5,000万米ドル(または現地通貨での相当額)の投資額は、可用性の支払いまたは使用料で賄われています。
· このため、調達機関は、競争力のあるPPP調達手順に従って、入札の公募/入札の招待/提案の要求/資格の要求を開始します。
定義
· 「民間連携(PPP)」とは、公的資産またはサービスを提供するための公的機関または当局と民間企業との間の契約上の取り決めを指します。この調査の目的のために、この定義は特定の国または管轄で使用される用語に関係なく適用され、政府支払いまたはユーザー支払いPPPの両方に適用されます。
· 「規制の枠組み」には、すべての法律、規制、ポリシー、拘束力のあるガイドラインまたは指示、標準的なPPP契約、一般的な適用に関する他の法的文書、司法上の決定、およびPPPに関連する先例を管理または設定する行政裁定が含まれます。これに関連して、「ポリシー」という用語は、すべての利害関係者を拘束し、法律および規制と同様の方法で施行され、PPPの実装に関する詳細な指示を提供する他の政府発行の文書を指します。公共サービスを提供するための行動方針としてPPPを使用するという政府の意図の意味において、ポリシーと混同しないでください。「規制の枠組み」には、PPPを扱う法律、規制、政策などが含まれますが、これらに限定されません(PPPの調達は一般調達枠組みによって管理される場合があります。関連する法律および規制)。
· 「調達機関」とは、調達/入札プロセスが正常に完了した後、関連する資産および/またはサービスが民間パートナーによって提供されることを保証する責任を負う省、部門、または機関です。これは、PPPを担当する機関(すなわちPPP契約の特定、準備、調達、授与、管理)です。
· 調達用語:調達関連の用語は、調達手順の種類とプロセスの段階に応じて、管轄区域によって異なることを考慮して、調査で使用される用語は、現地の命名規則に最も適合するように寄稿者によって解釈される必要があります。特に、次の非網羅的な用語リストは、調査の文脈において互換性があると広く理解できます。
記事全文及び質問内容等に関しご質問等がございましたら、
お気軽にオリバー・マスマン(OMassmann@duanemorris.com)までご連絡くださいませ。